スポンサーサイト

Posted by 谷 翔平 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一家相伝さざなみ返し!!

Posted by 谷 翔平 on 29.2010 ☆ハナフン☆ 2 comments 0 trackback
みなさん、ご存知ですか??

さざなみ返しという技というか、何というか。。

これは広島焼きにまつわるお話で、まぁ僕みたいな大阪人にとっては…

ご飯にはお好み焼きやろー!!

というのは、別に日常茶飯事でして。
ただ…よく勘違いされるのは、たこ焼き器が一家に一台ある。
これは嘘ですね(笑)

でも、ちっちゃい時から、家でお好み焼きは食べてましたね。
ホットプレートで母上が焼いてくれるわけですよ☆

家でも食べるけど、もちろん外食でも食べます。
そんな大阪は堺市で二十歳まで、すくすくと育った僕には…

広島焼きって、どないやねーん。。。

みたいなことを思っていたわけですよ。

それがバンド時代に、広島でライブする機会がありまして…

「お好み村」なる場所に連れて行ってもらったんです。
そこで行ったお店の名前…ごめん。覚えてへん。。。

ただ…エリック・クラプトン言うおじさんがこの前来たよ。
とか普通に言うてくる大将がやってたお店でした。

もうね…えぇーーーー。。。ですよ(笑)

その大将が自慢げに見せてくれたのが、一家相伝らしい(笑)

さざなみ返しという技??です。

説明むずいけど。分かるかな…心配。。
まぁ、お好み焼きは簡単に言うとキャベツも生地の中に入れて混ぜて焼きます。
広島焼きは、薄く焼いた生地の上にキャベツをどさっとのせて焼きます。
ほんで、ココで出ました。

キャベツを無駄に…いや無駄に言うたらあかん。
鉄板に横に細長く並べるわけですよ。
で、焼くときに使うコテ(大阪なら食べるときもこれで食べます。)をキャベツの下に潜らせるようにして入れる。
おっちゃん…いや大将が、鉄板に這わすように横へコテをスライドする。

何と見事にキャベツが…あの無駄においたキャベツが(笑)

波のようにウェーブするんです。
あ…ウェーブって波やん。とかつっこまんといてね。

わかる?これ、わかる??

さざなみ返しって言うらしいです。
ちなみに、いろんな人に聞いたんやけど、ほんまだーれも知らんねん(笑)

こうやって出来上がった広島焼きを食べまして、お好み焼きと全然ちゃうけど、めっちゃ美味かったです。
それから、まぁまぁ広島焼きのファンになりまして☆
この前も行って来たんです。

ML_SH3D0206.jpg

このお店は、本場の広島からやってきた「八昌」いうお店で、僕は実は本店にも行ったことがあります。
東京の方は少しお上品な味になってたけど、美味いです☆

鉄板って、ええよね。
家に欲しいもん。鉄板とあの火力。

ぜひ気になる方は、おなかを空かせて行ってみてください☆
あぁ、長くなってもたー(笑)
スポンサーサイト
 HOME 

Twitter

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

訪問者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。